このサイトのデザインと管理は Fisheyes Ltd | Privacy Policy

オンライン予約

0/4

歴史

3世代にわたりホテル業を営んできたAlimandi家が観光のためにお越しになる皆様をお待ちいたしております。

このホテルの歴史は1957年に現在のオーナーの祖母、ディーナさんがVia Tunisi 8にあった自宅の部屋を貸したことから始まります。ほどなく同じビル内のお家を一つ購入し、そしてまた一つ、また一つとついに1963年にはビルの中のす べての家を買い取りました。 こうしてアルマンディ ホテルが誕生しました。

現在Alimandi Vaticano Hotelがあるビルディングは1920年代にヴァチカン市国の警察署とし生まれました。この建物は1980年代にFiamme Oro-金の炎-と呼ばれる警察内のスポーツ部署により利用され、この金の炎は50以上のオリンピックメダルを獲得することになります。

2003年にAlimandi家がこのビルディングを購入し、前面改装工事を施し翌年ホテルはオープンしました。20世紀のスタイルが顕著な建物の正面とリバティー様式の階段と特色ある色つきのガラスが入った窓などはビル建設当時のままのものを利用しています。

一方でこちらのビルが果たした歴史的な役割はテラスから見ることができる警察署と内務省を結んでいた5Kmもの長さになる連絡ケーブルから僅かに往時を偲ぶことができます。